一般社団法人日本電機工業会 JEMA
お問い合わせ

11月9日は換気の日

いい空気。いい換気。

もっと知りたい!換気扇

換気扇にまつわるさまざまな情報をお届けしてまいります。

換気扇のお掃除(お手入れ)方法

こまめなお手入れやお掃除で、初期性能をキープし、快適で健康な暮らしを保ちましょう。
なお、下記のメンテナンス方法は一例となっておりますので、詳しくは各メーカWebサイトをご覧ください。

一般換気扇(直接排気タイプ)の場合

STEP1 STEP2 STEP3
部品を取り外します。 羽根カバー、羽根止めなどを洗剤で洗います。 中性洗剤を浸した布で本体を拭きます。

感電事故防止のため、必ずプラグをコンセントから抜いてください。

部品を取り外します。

ベンジン、アルコール、みがき粉などは使用しないでください。

羽根カバー、羽根止めなどを洗剤で洗います。

モーター、スイッチには、水を絶対にかけないでください。

中性洗剤を浸した布で本体を拭きます。

天井換気扇(ダクト排気タイプ)の場合

STEP1 STEP2
ルーバーを取り外します。 はずしたルーバーを清掃します。

電源を切り、ルーバーを下げると、本体からはずれます。取り付けるときは、ルーバーが本体に確実に取り付けられていることを確認してください。

※ルーバーの取り付け方法はメーカーによって異なります。取扱説明書をご参照ください。

ルーバーを取り外します。

掃除機で吸いとるか、柔らかな布で拭いて、汚れを清掃してください。ベンジン・アルコール・みがき粉などは、絶対に使用しないでください。

はずしたルーバーを清掃します。

台所の換気扇のお手入れ方法は・・・

台所で使用される換気扇は、油汚れなどが付着するにもかかわらず、高い位置に取り付けられていることなどから、普段の手入れを怠り勝ちです。 多くのご家庭では年1〜2回しかお掃除されていないのが実態のようで、汚れがこびり付いて落ちにくくなってしまっているようです。 汚れを簡単に落とすには「こびり付く前に掃除する」、すなわちこまめに掃除されることをお奨めします。 汚れが落ちにくくなってしまった場合の一方法として、スプレー式の中性洗剤で“パックする”方法などがあります。

<お手入れ法>(社)リビングアメニティ協会発行より抜粋

  • お手入れする部分に中性洗剤をスプレーし、その上にペーパータオルなどを貼り付けます。
  • その上から更に中性洗剤をスプレーし、しばらくそのまま放置します。
  • 油汚れが浮いてきたら、貼り付けたペーパータオルなどを、汚れをぬぐいながら取りはずしていきます。
  • 洗剤が残らないように水拭きし、さらに乾いた布で水気をふき取ります。

また、最近は、換気扇の油汚れを軽減するフィルターが付いた換気扇なども発売されています。フィルターが汚れたら交換するタイプ、フィルターが金属製で、汚れたときは掃除するタイプなどがあります。お近くの電気店などでご確認ください。

お手入れワンポイントアドバイス
最近では、換気扇の汚れを防ぐ取り付け形の不燃フィルターや、油汚れ専用の洗剤も数多く出ています。上手に組み合わせれば、メンテナンスはさらに効果的になります。
油がこびりつかないように、早目早目におそうじするのが、換気扇をキレイに保つコツですよ!